「本タラバ」に目がいく

北海道においてはカニ資源を保護するという観点から、エリアごとで毛ガニの水揚げ期間が決められておりますので、年がら年中捕獲地を転々としながら、その極上のカニを味わう事が実現可能ということです。

通販の毛ガニはこの国に暮らしているなら体験してみたいものです。お年始に家族や親戚と楽しむ、あるいは氷が張るようなとき身も心もほころぶカニ鍋をみんな揃って食べるのは日本の素晴らしい食文化の一つでしょう。

深海にいるカニ類は生き生きと泳がないのです。生き生きといつでも泳ぐワタリガニのボリュームある身が固くて乙な味なのは言うまでもない事だと聞かされました。

簡単に言えば殻は柔軟で、料理しやすいところもウリです。上質なワタリガニを見た時には何とかゆで蟹にしたり蒸し蟹にしたりして召し上がってみることを願っています。

茹でてある旬の花咲ガニを解凍のあと二杯酢でほおばるのがよいでしょう。ないしは自然解凍の後そのままではなく、軽く焼いて満喫するのも最高です。



みなさんもちょくちょく「本タラバ」という様な名前を目にすることがあるはずですが、身が大ぶりの「本タラバ」は「本物のタラバガニ」という事から「本タラバ」と名付けられているのは有名な話です。